2005年04月13日

人は金で動く?心で動く?素は心

少し前までどこへ行ってもライブドアの買収騒ぎの話題でもちきりでしたがソフトバンクが登場したらあっという間に沈静化しましたね。
今回の騒動の大きなキーワードの一つとしてM&Aの認識度次第で大会社がいとも簡単に揺れ動くということでしょうか。
「堀江社長の真意は・・・」と言った内容の言葉もあちこちで聞かれましたが、あくまでも私の勝手な妄想では、マクロな見方で、世界が小さくなった時代の波の中、堀江社長は先ず二駒ほど置いて反応をみただけでニッポン放送やフジテレビの事も序章に過ぎず、今後の成り行きとしては、堀江社長の志が真に高いものであればまだ何度か邪魔や失敗などが有っても将来「日本を改善する大きな存在」になるかもしれません。
(そうですよね志の高いと噂のソフトバンク孫代表取締役殿ォ、ニッポンを改善されるんですか^ρ^;)
只、過去に傷ついた心の未解決な問題(認めて貰えない寂しさ等)から無意識にポジティブ思考で行動しているなら、何者かに利用されてクラッシュを迎える可能性も考えられます。
どちらにしても現時点では、楽天との争奪戦?の時にも言われた健全性(過渡期のこの業界でそれは何処にも大なり小なりありますよね〜Y、井上取締役殿^^;・・)やイイ子を余りださないところは、私としては評価できるところですが、弱者に対する気配りをもっとして行ける事と人間の心理を深く学ばれたら事業の方もより一層発展すると考えます人は心で動作するのですから。
でも、どうなんでしょう年配の方は特に評判のよろしくない、堀江社長のあの無愛想も、もしかして「想定の範囲」だったりして・・・。
以上、小心者の独り言でした。
posted by コロ at 01:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

久々にライブドアvsフジテレビ どっちが本当?
Excerpt: 反日騒動の影ですっかり報道量が減ったニッポン放送を巡るライブドアとフジテレビの争いですが、ソフトバンク・インベストメントの北尾CEOの発言以降、すっかり水面下での交渉に移行したようで、なかなか状況が掴..
Weblog: 社長の本音日記
Tracked: 2005-04-13 11:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。